2018年03月25日

天文教室「はやぶさ2」3月25日(日)19時〜

平成29年度最後の天文教室を19時より開催します。
飛び入り参加OKです。
天文台には自販機も食堂もありませんので、飲料や軽食が必要な方は忘れずご持参ください。飲食するスペースはあります。


今年、2018年は火星大接近など地球から見上げた星空が賑やかです。 さらに、地球の外、宇宙空間でも興味深い話題があります。

小惑星探査機「はやぶさ2」についてご紹介します。

2014年冬に打ち上げられた「はやぶさ2」は、2015年12月には地球スイングバイを行い日本上空を通過し各地の天文台===もちろん竜天天文台でも===でその姿を収められたうえ、現在は観測対象の小惑星「リュウグウ」の姿をとらえるところまで近づいています。 今年2018年は予定通りであればこのまま「リュウグウ」の周辺にとどまるばかりか本体にアプローチし、2019年に帰路につきます。

お話しのあとは、やや雲がありますが、月など見える天体を40cm望遠鏡で観測しましょう。

残念ながら、はやぶさ2や対象のリュウグウは、暗すぎて竜天天文台の望遠鏡では見えません。

posted by 竜天天文台 at 16:32| 全般