2019年05月07日

今後の40cm望遠鏡での観望会についてご案内

平成から令和にかけての大連休のうち、観望会のあった夜の多くが良いお天気に恵まれ、竜天天文台にもたくさんお越しいただきありがとうございました。

さて、5月2日(木祝)よりトラブルのありました40cm望遠鏡は、現在、いちおう観望会を行えるようになりました。

しかし、望遠鏡がウィィィンと音を立てて動き目標の天体に自動で向くところはしばらく見られません(この命令を送るPCが老朽化で壊れました)。

スタッフが手動で天体を導入する都合、ドーム内はかなり照明を落とすか、真っ暗にさせていただきます。 そのためドーム内での記念撮影や動画の撮影も原則として難しいです(ストロボ/フラッシュの使用はご遠慮ください。撮影は超高感度モードでお願いします)。

もちろん、小さいお子さんなど、真っ暗闇が怖いという場合は(保護者の方が)お申し出ください。明るくします。

しばらくの間(長ければ1年?)、この状態が続く見込みです。ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
posted by 竜天天文台 at 11:23| 全般